シンガポールにおける「車のCOE」の仕組み

シンガポールで車を買うときに必要な「COE」知識のすべて。

「COEってそもそもなに?」

というところから、

その仕組みやCOE価格推移データ、その他にも必要な税金について。

知識ゼロ初心者にもわかりやすく解説していきます。

COEとは?

シンガポールで車を買うときに必要な「COE」知識のすべて。

そもそもCOEとは”Certificate of Entitlement”の略称。

直訳すると”権利証明書”ですが…

車についての権利証明書のことなので「車の権利証明書」という意味ですね。

新聞やメディアでは「車両所有権証書」という日本人にはなじみの無い言葉が使われています。

ところがそんなに難しいことはなく…

「COE」って要するに日本でいうところの「自動車取得税」みたいな税金のこと。

日本で新車を買うときも車の排気量とかにおうじて「自動車取得税」かかりますよね?

それと同じことです。

ところが「COE ≒ 自動車取得税」の仕組みが日本とだいぶ違うので、なかなか理解に苦しむのです。

そこで仕組みをわかりやすく解説していきますね。

COEの仕組み

シンガポールで車を買うときに必要な「COE」知識のすべて。

つづいてCOEの仕組みについてわかりやすく解説していきます。

仕組み①車のカテゴリーA~Eに応じた税金が発生

COEは車・バイクのカテゴリーに応じてかかる税金です。

具体的には、

  1. カテゴリーA (排気量1,600ccかつ130bhpまで)
  2. カテゴリーB (排気量1,600cc以上か130bhp以上)
  3. カテゴリーC (タクシーなど商用車)
  4. カテゴリーD (バイク)
  5. カテゴリーE (オープンその他)

※bhbとは「brake horse power=馬力」の略。1bhp=1馬力のこと。

という5つのカテゴリーに分けられます。それぞれCOE価格はシンガポール政府が行う公開入札によって決まります。

仕組み②COEは入札によって額が決まる

でなんと…

このCOE価格は公開入札(オークション)によって決まります。

税金って私たちのイメージだと、決められた額を決められたように納めるものですよね?

ところがCOEの仕組みはまったく違い、

シンガポール政府がCOE価格(つまり税金の額)を入札によって決めているのですね。

なぜこんな仕組みを採用しているのかというと…

車やバイクの総台数を政府が管理しているから。

たとえばですが、

車の台数は10万台までな!

バイク台数は1万台までな!!

というようにシンガポール政府が決めています(実際の数字とは違います)。

国土のせまいシンガポールで無制限に車を走らせると、すぐにオーバーフローして大渋滞が発生しますからね。

仕組み③COE入札の仕組み

つづいて実際のCOE入札の仕組みについて。

まずCOE入札のコンセプトというか目的は…

「かぎられた車台数のなかで、高い税金を納めるヒトに車の所有権利をあたえよう」

というものです。

資本主義もここまでくると笑えますね。「税金をおおく納める人を優遇します」ってこと。日本とまったく逆です。日本だと高額納税者は冷遇され、低額納税者ほど優遇されますからね。

金持ちこそ優遇する、これがシンガポールの良いところです。

でムダ話はここまでにして…

入札は以下のようなプロセスで行われます。

  • ステップ①入札タイミングは月2回ある
    →第1月曜日/第3月曜日12:00~その週の水曜日16:00終了
  • ステップ②入札に申し込む
    →事前に申し込みが必要URL:LTA
  • ステップ③入札価格を設定
    →期間中であれば何回でも設定しなおせる
  • ステップ④入札終了
    →提示価格の高いヒトから順に選ばれる

このようにシンプルな公開入札の仕組みをそのまま使っています。

仕組み④どうやってCOE価格が決まる?

こうして入札が終わると、いよいよCOE価格が決まります。

ポイントとして、

自分がSGD50,000を提示したからといって、その額をそのまま支払うわけではありません。

COE価格は「最落札失敗額の最高値+S$1」で計算されます。

ややこしいので具体例で考えてみましょう。

▼ ケース①

条件1. COE・Aカテゴリーに3の定員があった
条件2. 5名が入札に参加した

▼ 入札結果

  提示額 結果
入札者A S$50,000 落札
S$10,001
B S$30,000 落札
S$10,001
C S$10,000 ×
D S$10,000 ×
E S$  5,000 ×

定員は3名なので入札者A, B2名は落札確定。ここで同額のC,Dはどちらも落選し、あまった1つの枠は次回の入札にもちこされます。

なおCOE価格は「落札失敗額の最高値+S$1」で計算されます。ここではS$10,000が失敗の最高値であるためS$10,001が落札価格となります。

▼ ケース②

条件1. COE・Aカテゴリーに3の定員があった
条件2. 5名が入札に参加した

▼ 入札結果

  提示額 結果
入札者A S$50,000 落札
S$8,001
B S$30,000 落札
S$8,001
C S$10,000 落札
S$ 8,001
D S$  8,000 ×
E S$  5,000 ×

落札者はA, B, Cの3名に決まります。

COE価格は落札失敗額の最高値+S$1で計算されます。つまりここではS$8,000+S$1=S$8,001が落札価格となります。

決してあなたの提示額=落札額とはなりません。

ここまでがザックリとした入札の仕組み。

本当はもっとこまかく色んなルールがあります。

入札に参加される際にはLATの公式ホームページを事前にご確認ください。すべて英語ですが…

仕組み⑤COE期限は新車10年

シンガポールで車を買うときに必要な「COE」知識のすべて。

あとはCOEの期限について。

新車で買うと10年分の期限がつきます。

仕組み⑥途中で売ったらどうなる?

じゃあ車を10年持たずに途中で売ったらどうなるのか?

というと…

日割り計算でリファンド(キャッシュバック)があります。

たとえば、

・取得時のCOE価格はS$ 30,000
・2020年6月5日にCOE期限切れ
・2018年1月2日に車を手放した

こんなケースだと以下のような計算をします。

  • 残り月数:2018年1/3-2020年6/5 = 29ヶ月と3日(29.1ヶ月)
  • リファンド:S$30,000 x 29.1ヶ月 / 120ヶ月 = S$7,275

すると使っていない部分のお金が上記のようにかえってきます。

たとえば1年しか乗らずに売るのであれば9割かえってきますね。

車を途中で売る場合には中古車ディーラーがCOEの残り価格も考えて買い取ります。

売るにせよ廃車にするにせよ、実質はリファンドですね。

仕組み⑦中古車を買うときのCOE価格は?

そろそろ疲れてきましたが…

これも重要なので書いておきます。

中古車を買う場合にCOEはどうするのか、というと。

中古車の価格にはCOE価格をもちろんふくみます。

ほとんどの場合には、新たに入札でCOEを購入する必要はありません。

ディーラーの価格表示を見ると、以下のように記載されていますね。

  • Toyota カローラ:SGD50,000 (5年分のCOE含む)
  • ベンツE200:SGD80,000 (COE 2023年まで込み)

COE価格の推移(2002-2018/3)

ご参考までに。

シンガポールにおけるCOE価格の推移グラフを添付します。


出所:https://coe.sgcharts.com/

ちなみに2018年3月21日に決定したCOE価格は以下のとおり。

  • カテゴリーA:S$ 38,000 (約300万円)
    :1600cc未満の車
  • カテゴリーB:S$ 37,010 (約300万円)
    :1600cc超の車
  • カテゴリーC:S$ 35,001 (約300万円)
    :タクシーなど商用車
  • カテゴリーD:S$   7,602 (約  60万円)
    :バイク
  • カテゴリーE:S$ 38,000 (約300万円)
    :その他

車の所有権COEを得るだけでなんと…

300万円ですよ〜〜!!

ピーク時のCOE価格は約800万円

これでも一時期にくらべてだいぶ下がったのですよね。

なんとピーク時には日本円にして800万円ほどだったのですから!!

(今の為替1S$=約80円で)

もうこうなると、どんなしょぼい車であろうと新車である限り1000万円超えるっていう!!

出所:https://coe.sgcharts.com/

シンガポールの景気の悪さをあらわしていますね〜。

COEだけじゃない!色々ある車の税金

ここまではCOEの話をしてきました。

ところがシンガポールで車を買うときには、もっといろいろな税金を払わなければいけません。その辺の話も簡単に。

実際にトヨタ・カローラの価格をもとに進めていきます。

カローラAltisの購入価格:
SGD 100,000 (約800万円)
SGD 100,000
(約800万円)
内訳
 – 車体価格OMV 
 – COE (税金) 
 – ARF (税金) 
 – Excise duty 20% (税金)
 – GST 7% (税金)
 – その他いろいろ

内訳
SGD 20,000 (約160万円)
SGD 40,000 (約320万円)
SGD 20,000 (約160万円)
SGD   4,000 (約  32万円)
SGD   1,680 (約  13万円)
SGD 14,320 (約115万円) 

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください