シンガポール週間天気予報|オーチャード・マリーナベイサンズetc

スポンサーリンク

※Today=今日の天気・Mon=月曜・Tue=火曜・Wed=水曜・Thu=木曜・Fri=金曜・Sat=土曜・Sun=日曜

※シンガポール主要観光地5つの天気予報は記事中にあります。

スポンサーリンク

①オーチャードロード周辺の天気予報

シンガポールの中心街・オーチャードロード周辺の週間天気予報です。

②チャンギ空港周辺の天気予報

シンガポールの国際空港・チャンギ空港周辺の週間天気予報です。

③マリーナベイサンズ周辺の天気予報

シンガポールの観光地・マリーナベイサンズ周辺の週間天気予報です。

④ラッフルズホテル周辺の天気予報

シンガポールの観光地・ラッフルズホテル周辺の週間天気予報です。

⑤セントーサ島周辺の天気予報

シンガポールの観光地・セントーサ島周辺の週間天気予報です。

結局ほとんど一緒

いちおうシンガポールの主要5地点の天気予報をまとめてみましたが…

どこも同じです。

いかんせん土地が狭すぎます(笑)

ちなみにシンガポールは東京都23区くらいの土地面積。山も盆地もなくほぼ平坦です。

日本だと東京23区と言えども高低差が結構ありますし、内陸・沿岸部では天気の違いもありますよね。

ところがシンガポールはまったく平坦ですので、場所によって天気がおおきく違うなんてことにはなりません。

シンガポールの天気は予測不可能

余談ですが…

シンガポールでは政府がいちおう、かな〜り細かい天気予報を発表しています。

地点・時間・週間予報みたいなのがありますね。

ところがこの天気予報の精度が低いのなんのって…

結局のところ誰も信じていません。

ただ気温だけは参考になりますね。

これまで紹介した天気予報だけでこと足りますが、気になるかたは旅行前にチェックをしておくとよいでしょう。

なぜシンガポールの天気予報は1週間ずっと雨?

この記事を作っているとき(2018年3月27日現在)

各地の1週間天気予報をみると…

なんと1週間ず〜っと曇り/雨になっています。

今日も天気予報は雨。

でも実際にはいま、晴れてます。

天気予報テキトーかっ!?っていう。

ず〜っと雨が降ることはマレ

シンガポールで1日中ず〜っと雨が降ることはマレです。

ましてや1週間ず〜っと雨が降ることなど雨季(10-1月頃)ですらほぼありません。

ですから天気予報を信じるだけムダです。

「とりあえず雨って予測しとけば1日1回はスコールあるから当たってるだろ!?」

というテキトーな天気予報をしているように私は感じてしまいます。

実際にはちゃんと予測しているのでしょうけど…

※ と書いていたら2017年末~2018年始はず〜っと雨だったことを思い出しました。これにはシンガポール現地人ですら異常気象だと驚いていました。

ちなみに2017年末~2018年始頃は世界各地でいろんな異常気象がありましたね。シンガポールもその一環かもしれません。

なぜシンガポールの天気予報は当たらない?

で、

なぜシンガポールの天気予報の精度が低いのかというと…

天気が一瞬で変わるからです。

日本でも夏はゲリラ豪雨(シンガポールでは”スコール”)ってありますよね。

で、

「所によりゲリラ豪雨あり・注意」みたいなテキトーな天気予報しかでませんよね。

これは天気予報のお姉さんが意地悪なわけじゃなく、本当に予測できないから”ゲリラ豪雨”なのです。

年中スコールあり

シンガポールの話にもどります。

シンガポールはご存知のとおり赤道直下で常夏です。

つまり、

年がら年中”ゲリラ豪雨(スコール)”があるので天気予報しようがないのです。

完全に蛇足でしたが…

こんな事情があるので天気予報ハズレても「まぁ仕方ないかな」ってことでお許しを(完全に保身です)

携帯傘の用意をお忘れなく!

ということで…

南国ですのでどれだけ晴れていても突然の豪雨(スコール)があります。

雨季はシトシトず〜っと雨が降っていることも、珍しいですがあるにはあります。

でも1週間ず〜っと雨なんていうことはシンガポールにきて3年経ちますが、2017年末~2018年始の1度だけでしたね。

スコールがきたらガチな傘をもっていてもなんの意味もありません(なんども経験あり)

が、

「備えあれば憂いなし」日傘でもいいのでとりあえず何かしら雨をしのげるご用意を!!

フォローする

スポンサーリンク