シンガポールでは必須!赤ちゃんの暑さ対策4つ。

シンガポールの子育ては苦労が付き物。日本と違い、気候は年中30℃で湿度も高いため子供の暑さ対策は必須ですね。

ということで今回は「シンガポールでの赤ちゃんの暑さ対策」に関する記事を書いてみます♪

赤ちゃんの頭が酸っぱい!?

真冬にシンガポールへ引越してきて正に真冬から真夏へ。日本は冬真っ盛りだったけど、シンガポールの気候は常に気温30度。しかも湿度も高い(><)いわゆるジメジメムシムシ!

おっぱい星人の生後12ヵ月のべびたん、授乳中も一心不乱に飲んで(笑)汗ビッショリ!
さらに後追いで大泣き、うえーんうえーん・゜・(ノД`)・゜・でさらに汗びしゃ!

そんな泣き虫なべびたんもやっぱり可愛い♡おいでおいでー♡ハグハグぎゅーーー♡♡

ん?

ん??

んんん??

なんか頭くさーー! ってか酸っぱーー!

赤ちゃんの頭ってこんなに臭うも?!なんというか、、酸っぱい臭いというか、ケモノの臭いというか、、((((;°Д°;))))!!初めての経験にとまどいながら、いつもより長め頭を洗ってあげました((o(´∀`)o))

結局汗かいて、寝てる間に臭くなってたけど(笑)

どうしたら赤ちゃんの暑さ対策ができるだろうか?

この「赤ちゃんの頭すっぱい事件」からは子供の暑さ対策を考えることに!結局、以下のような対策を考えました。

1、ベビーカーに電池式小型扇風機を設置

これはSGD7-10程度で、ちょっとしたホームセンターであれば大抵手に入ります。これをベビーカーに設置するだけで我が子の機嫌も上々。

涼む道具というよりは、おもちゃとして見られています…いつか破壊される運命かも…

51yt8kDJ4ZL._SY355_

2、おむつを日本製のメリーズに変更

現地のフェアプライスで「マミーポコパンツ」を買って使っていたのですが、おむつの蒸れが酷くて赤ちゃんがいつも痒そう…そこで、少し高くても日本食材スーパーの明治屋で「メリーズパンツ」を買うことにしました!

おむつの蒸れは、これでちょっと改善されました。

IMG_0299

3、保冷剤はどこにも売っていない…

ベビーカーの背中部分はものすごく熱がこもる場所。そこで保冷剤を買おうと思い、ホームセンターやらフェアプライスやら明治屋やら…あっちこっちで探してみたのですが、結局手に入らず。

調べてみると、保冷剤の販売はシンガポールでは禁止されているみたい。無駄な努力でした。

これは日本に帰国するときの買い物リストに♪

1311114000

4、寝るときは寝室のクーラーを切る。巨大扇風機購入

わが子はシンガポールに来てから、もの凄い勢いで寝汗をかくようになりました。かといって、クーラーをつけると子供は快適でも大人が寒すぎて風邪をひきます←私は引っ越してから毎月のように風邪をひいてました…

そこでリビングのクーラーはつけっぱなしにして、寝室のクーラーは切ることにしました。

寝室の暑さ対策には扇風機(SGD70)を購入。シンガポールでは小さい扇風機が売っていないので、業務用みたいにデカい扇風機を使用しています。

相変わらず赤ちゃんは汗だくで寝てますが、寝苦しくて起きるほどじゃないみたい。

大人も風邪を引かないのでおすすめです♪

2 COMMENTS

おまる

初めまして☻今度1歳1ヶ月の子供を連れてシンガポールに旅行にいきます*\(^o^)/*色々検索しててたどり着きました。
できれば、赤ちゃん連れで楽しめる場所、赤ちゃんの服装、おすすめのホテルなど教えてほしいです!!更新楽しみにしてます*\(^o^)/*

返信する
シンガポールなう

返信が遅くなりまして誠に申し訳ありません…
さて小さいお子さんがいらっしゃるとのことですので、以下のような場所をご検討されてみては如何でしょうか?

●ホテル:5つ星ホテルをおすすめします。マリーナベイ付近でマーライオンまで徒歩でいけるPan Pacific、Mandarin Oriental、Marina Bay Sands、The Fullertonまたはオフィス街のRafflsなどがよいでしょう。これらのホテルはどこも質は同じで立地も抜群です。(シンガポールのホテルで5つ星でもサービスにはあまり期待しないほうがよいでしょう。)5つ星ホテル以外は論外でNGです。
もし私が初めての旅行でシンガポールに行くとしたらMarina Bay SandsかThe Fullerton Bay Hotelにします。価格はSGD400/部屋と高めですが…

●服装:サンダルかスニーカーにショートパンツ、半そでがおすすめです。または薄手のワンピース。スコールで台無しになるので革靴はNG。ただし飛行機の中、レストランなど室内は驚くほど寒く、カーディガン・パーカー必須です。こちらの人は全くおしゃれじゃないので、どんな格好をしていても大丈夫ですよ♪機能を優先しましょう!

●おすすめ観光場所:
①ホテル周辺観光:マリーナベイ付近(マーライオン、ガーデンズバイザベイの夜は良い、植物園ドーム)
②ロープウェイみたいなのに乗ってセントーサ島へ(以外とおすすめです)。プールかビーチで楽しむ。ユニバーサルスタジオは日本のほうが断然よいので行く必要がありません。
③レストランは…正直、どこに行っても値段に見合う味ではありません。ノーサインボード、ジャンボチリクラブ、中華の有名店…
またはバクテーのソンファ、ホーカーズでチキンライス、ホッケンミーなど←安いですが感動はありません。
④移動:ホテルから1km程度であれば徒歩移動。あとはタクシーにしましょう。
⑤ホテルのハイティー・アフタヌーンティー:味は断然日本のほうがおいしいですが、セレブな気分を味わえます。

昼間はプールやビーチ、屋内植物園などの涼しい場所が推奨。←日差しが強く暑いので赤ちゃんがぐったりなります。チャイナタウンや動物園を歩き回ったりすると子供が本当にかわいそうです…
日が沈む直前くらい(夕方5時すぎ)からマーライオンなどの徒歩観光をおすすめします。
夜はマリーナベイ近辺の夜景は必見ですね!

以上、お役に立てましたら幸いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください