シンガポールの時差と飛行時間を解説!

旅行や観光に行く前にチェックしておきたい、時差と飛行時間!シンガポールは地図で見ると、日本からかなり西にあるように見えます。実際、日本からの飛行時間は7時間40分!ですが、時差は1時間しかないのです☆

シンガポール⇄日本の飛行時間

これは発着空港により違ってきますので、直行便がある空港からシンガポール・チャンギ国際空港までの、大体の飛行時間をまとめておきますね♪

行きのフライト
出発空港        所要時間
羽田・成田空港: 約7時間40分
関西国際空港: 約7時間10分
中部国際空港: 約7時間15分
福岡空港: 約6時間40分
帰りのフライト
到着空港        所要時間
羽田・成田空港: 約7時間00分
関西国際空港: 約6時間40分
中部国際空港: 約6時間50分
福岡空港: 約6時間20分

*シンガポール航空など、代表的な航空会社の標準飛行時間です。
IMG_0826
*シンガポール航空の機内の様子

シンガポール⇄日本の時差は1時間

シンガポールは地図でみるかなり西にあるのに、日本と1時間しか違わないのです!もちろん、シンガポールが1時間遅いので日本時間の9時がシンガポール時間の8時です。なぜでしょうか?

シンガポールは中国本土に合わせるため無理やり時差を1時間にした

シンガポールはもともと、中国本土から移住してきた人々が多く住んでいました。そして現在でも中国と経済はもちろん、文化的にも深い関わりがあり、できる限り活動時間を合わせたかったのです。

シンガポール近隣国の時差は?

シンガポールは明らかにおかしい時差だと思ったら、マレーシアも同じく1時間遅れでした!

近隣国           日本との時差 
タイ: 2時間遅れ
マレーシア: 1時間遅れ
ミャンマー: 2.5時間遅れ
ベトナム: 2時間遅れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください