シンガポールで深夜早朝にタクシーを利用する際の全注意点

シンガポールで深夜早朝にタクシーを使うとき。

いろいろと注意点がありますのでまとめておきます。

メーター割増料金+50%が適用となる

シンガポールのタクシーは深夜0:00~早朝6:00までの間に乗車するとメーター割増+50%が適用されます。

日本は2割増しであることを考えるとだいぶ高いですね。

意外にも「たっか!」となるケースあり。とくに長距離を移動する場合には要注意。

そして。

この割増料金は支払いのときになって急に料金に反映されます。

なので最後の請求金額を見たときに「ボッタクリか!?」と思ってしまうことも。。。

でも決してボッタクリではありません。割増料金が発生しているだけです。

MEMO

シンガポールのタクシーはメーター料金がそもそも東京の1/7以下。

つまり。メーター割増+50%といっても日本のタクシー料金よりはまだまだ割安です。

深夜早朝タクシーの料金体系

深夜早朝におけるタクシーの料金体系をまとめておきます。

比較として東京のタクシー料金(深夜早朝)も並べておきますね。

🇸🇬シンガポール 🇯🇵東京
初乗り S$3.2~3.9
約256~312円
410円
メーター距離
*深夜早朝
S$0.33 約26円 162円
低速/停止時
*深夜早朝
S$0.33 約26円 48円
迎車 通常 S$2.3 約184円
ピーク S$3.3 約264円
予約 S$8 約640円
410円
その他 有料道路
ロケーション サーチャージ
有料道路

*出所:Land Transport Authority

▼単位をシンガポール基準に合わせて再計算しました。為替1S$=80円で計算。

初乗り運賃:シンガも東京も約1km

メーター:シンガS$0.22/400m x 1.5 vs 東京80円/237m→135円/400m x 1.2

停止時:シンガS$0.22/45秒 x 1.5 vs 東京80円/90秒→40円/45秒 x 1.2

表にしたとおり。

  • 初乗りは東京より3割安い程度。
  • でもなんとメーター料金は東京=シンガポールの6倍!!

ということで移動距離にもよりますが東京のタクシー料金の1/3以下にはなります。

たとえメーター料金が5割増しになったとしても、日本のタクシーに比べてぜんぜん安いことがお分かりになるかと思います。

深夜早朝でも市内エリアならタクシー捕まる

シンガポールのタクシーは市内エリアなら。深夜早朝でもタクシーはがんがん走っています。

旧正月などのとくべつな祝日でない限り、需要よりも供給多め。

なので。

わざわざ最寄りのタクシー乗り場に行かずとも、道ばたで手を振っていればタクシーを捕まえることができるでしょう。

もし捕まらなければGrabタクシーをつかう

もし乗車エリアがビミョーでタクシーが捕まりそうになければ。。。

タクシー配車アプリ「Grabタクシー」「ComfortDelGro」のどちらかを使ってタクシーを呼びましょう。

初心者にはGrabタクシーが使いやすくてオススメ(ただし英語のみ)。

クレジットカード払いOK☆でも手数料10%・・・

最近はタクシーでクレジットカードをつかう人たちも増えてきましたね。

でもでも。

シンガポールのタクシーはクレカ払いだと10%の手数料をとられます。*タクシー配車アプリGrabタクシー除く

なのでたとえば。

チャンギ空港から市内まで乗ってS$20だったとしたら。。。

クレカ払いだと手数料10%が加算されS$20 x 1.1=S$22の支払いとなります。

さらに。

もっと細かい話をすると、この手数料には税金VAT 7%が別途加算されます。

なので正確には、

S$20をクレカ払いにした時の総額
  • ①料金S$20
  • ② 10%手数料 = S$2 *S$20 x 0.1
  • ③ 手数料に対する税金VAT 7% = S$0.14 *S$2 x 0.07
  • ①②③の合計:S$22.14

というようにS$22.14の支払いとなります。

どんなにレートの悪い外貨両替所でも10%の手数料をとるところはありません。

なので…

シンガポールドル(S$)に両替し現金を多少なりとも持ち歩いたほうがお得!!

ということになります。

VISAカードは使えない!?

日本でクレジットカードと言えば。。。

まず思い浮かぶのがVISAカードではないでしょうか?

でもこのVISAカード、シンガポールのタクシーでは使えない場合もあるのです。。。

もちろんほとんどのタクシー会社ではVISAも使えます。

でも。

赤のカラーが特徴的なトランスカブ (Trans Cab)はVISAカードによる支払いを受け付けていません。

じゃあ赤いタクシーに乗らなければ良いだけなの!?

というとまぁそうです。

でもタチの悪いことに。

この赤いタクシーは結構よく見かけるのですよね。どうしても使わざるを得ない時もあるのです。。。

どのタクシーでも使えるクレジットカード

ということなのでタクシー運営会社によって使える・使えないクレカあり。

じゃあすべてのタクシーで使えるクレジットカードってないの!?

もちろんあります。

どのタクシー会社でも使えるカードは2019年現在、以下3つだけかと。

どのタクシーでも使えるクレカ
  • マスターカード (Master)
  • JCBカード
  • アメックス(American Express)

主要ルートの目安タクシー料金

あとは。

観光やビジネスでよくつかうであろう、主要ルートにおけるタクシー料金の目安をご紹介しておきますね♪♪ *あくまでも目安です

チャンギ空港から市内エリア

*為替は1S$=80円で計算。

チャンギ空港→マリーナベイサンズ
  • 通常時 S$20 約1,600円
  • ピーク時間 S$25 約2,000円
  • 深夜早朝 S$30 約2,400円
チャンギ空港→市内中心地 (オーチャード)
  • 通常時 S$23 約1,840円
  • ピーク時間 S$30 約2,400円
  • 深夜早朝 S$35 約2,800円
チャンギ空港→市内 (チャイナタウン)
  • 通常時 S$23 約1,840円
  • ピーク時間 S$30 約2,400円
  • 深夜早朝 S$35 約2,800円
チャンギ空港→セントーサ島
  • 通常時 S$28 約2,240円
  • ピーク時間 S$35 約2,800円
  • 深夜早朝 S$41 約3,280円

セントーサ島から主要エリア

*為替は1S$=80円で計算。

セントーサ島→チャンギ空港
  • 通常時 S$30 約2,400円
  • ピーク時間 S$35 約2,800円
  • 深夜早朝 S$40 約3,200円
セントーサ島→マリーナベイサンズ
  • 通常時 S$15 約1,200円
  • ピーク時間 S$19 約1,520円
  • 深夜早朝 S$22 約1,760円
セントーサ島→市内中心地 (オーチャード)
  • 通常時 S$16 約1,280円
  • ピーク時間 S$19 約1,520円
  • 深夜早朝 S$22 約1,760円
セントーサ島→シンガポール動物園/ナイトサファリ
  • 通常時 S$30 約2,400円
  • ピーク時間 S$37 約2,960円
  • 深夜早朝 S$43 約3,440円

マリーナベイサンズから

*為替は1S$=80円で計算。

マリーナベイサンズ→チャンギ空港
  • 通常時 S$23 約1,840円
  • ピーク時間 S$28 約2,240円
  • 深夜早朝 S$33 約2,640円
マリーナベイサンズ→市内中心地 (オーチャード)
  • 通常時 S$13 約1,040円
  • ピーク時間 S$15 約1,200円
  • 深夜早朝 S$17 約1,360円
マリーナベイサンズ→セントーサ島
  • 通常時 S$15 約1,200円
  • ピーク時間 S$18 約1,440円
  • 深夜早朝 S$21 約1,680円

シンガポールのタクシーは安心安全!

シンガポールの治安は日本よりも良いくらい。

深夜でも酔っ払いにからまれることなど一切なく(いたら警察にすぐ捕まる)。

さらに深夜でも女性や子供だけで歩けるくらい、ホントに治安の素晴らしい国です。

そしてぼったくりタクシーもほぼ存在しません。

なのでご安心くださいね☆

ボッタクリと勘違いしやすいポイント(汗)

なおわたし自身、シンガポールに移住したばかりの時はタクシー料金の仕組みをよく知らず。

何回も「ボッタクリか!?」と思った瞬間があります。

その一部を紹介しておきますね。

▼こんないかにも高級そうなタクシーに間違って乗ってしまうと「ボッタクリか!?」と勘違いします(汗)。実際には高級タクシーなので、もともとの値段が高いのです。

あるいは。

場所ごとにかかるロケーション サーチャージの仕組みをよく知らずに。

支払いのときに急に追加されたサーチャージ料金を見て「ボッタクリか?」と勘違いしてしまうことも。。。

また。

深夜早朝のメーター割増+50%の仕組みを知らず「これってボッタクリじゃ!?」と勘違いしたこともあります。

タクシーの料金体系をザックリ予習しておこう

このような失敗というか、勘違いを防ぐため。

観光やビジネスの前には。

シンガポールのタクシー料金についてザックリと予習しておくことをオススメします。

▼別記事にてくわしくまとめましたのでご参考にどうぞ。

【2019年】シンガポールのタクシー料金を徹底解説! タクシーの車種による料金の違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください