世界最大級の水族館!シーアクアリウムに行ってみた感想

シンガポール・セントーサ島にある世界最大級の水族館「シー・アクアリウム (S.E.A. Aquarium)」

世界最大の水族館として2013年にギネス登録されたほか、見どころの巨大水槽 (幅36m×高さ8.3m)も世界最大の水槽パネルとしてギネス登録あり。

シンガポールにきたらおさえておきたい観光名所のひとつです。

そこで今日は。

  • シーアクアリウムって実際どう?

という感想から、レストラン情報、お土産、チケット料金、お得な割引チケットまでレビューしていきます。

ご参考にどうぞ♪♪

MEMO
ちなみに日本最大の「美ら海水族館」のアクリル水槽パネルは幅22.5m×高さ8.2m。比べてみるとシーアクアリウムの凄さがわかります。

シーアクアクアリウムに行ってみた感想

それでは実際にシーアクアリウムに行った感想を。

この日はシンガポールの駐妻仲間と小さい子供づれ(乳児・幼児)での観光。

せっかくセントーサ島まで行くのでシーアクアリウムだけだともったいないと思い、

  • シーアクアリウム → ランチ → ユニバーサルスタジオ

というガッツリ1日観光プランにしました。

午前中はシーアクアリウムで体力温存しておき、午後からユニバーサルでハッスルという狙いです!子供たちも体力ぎれすると大変ですからね。

チケットを現地購入

今回は思い付きで観光に行ったので事前にチケットを買うヒマがなく…仕方ないので現地のチケット売り場で購入することに。

▼チケットブースは入口っぽいところの右側にあります。

早速チケットブースへGO!

行列覚悟でいきましたが、このときは平日だったので並ぶことなくスムーズに購入完了。素晴らしい☆

▼シーアクアリウムのチケット売り場

チケットのお値段は正規料金で次のとおり。

入場料
  • 子供 (4歳~12歳):S$29 約2,320円
  • 大人 (13歳~59歳):S$40 約3,200円
  • シニア (60歳以上):S$29 約2,320円

※3歳以下は無料

なおチケットは日本の割引チケットサイト【ボヤジン】から10%OFFのお得な割引価格で購入できます!

入場すると謎のギャラリーからスタート

チケットを無事に購入しシーアクアリウムへ突入!

としたいところでしたが…

入場するとまず謎のギャラリー「Maritime Silk Route」がっ!

水族館と何の関係もありません(゚o゚;;

でも1日パスを買ったら自動的にギャラリーのチケットも込みとなった模様。せっかくなので行くことに。

Maritime Silk Routeは翻訳すると「海上シルクロード」。

シルクロードは歴史で馴染みのあるワードですが海上シルクロードって何!?

というところからのスタート(゚o゚;;

シルクロードの海上版ということらしく、中国沿岸部から東南アジア、スリランカ、アラビア半島の沿岸部、アフリカ東岸を結ぶ海路のことみたい。

とにかく、こんな感じで歴史や展示物がしばらく続きます…

海上シルクロードで重要な役割をになった、船!?

あとでわかったことですがこの展示は「海上シルクロード展示 (Maritime Experiential Museum)」といってシーアクアリウムとは別になっている模様。

年パス保持者の友人は逆サイド (遠いほう)にある正規の入り口から入場させられてましたので…

このときはシーアクアリウムの1日入場券を買うと自動的についてきました…

▼正規の入口は逆サイドにあり

いざシーアクアリウムへ!

子供づれだったこともあり、あまり時間をかけて見るような展示でもないと思い、海上シルクロードのギャラリーはそこそこにスルー。

そうこうしているうちシーアクアリウムの入口へたどり着き、園内マップの順路どおりに進んでいきます。

▼園内マップ

まず出迎えてくれたのは透明の水中トンネル!

ちょっと見にくいですが、ここはサメのエリアになっていてジンベエザメやコモリザメの姿も。

水中トンネルの上を巨大なサメが通過すると子供たちは大興奮!!

海賊船を模した船が沈む海底…をイメージした水槽!?

次のエリア「オーシャン・ドーム」には直径6.2mのドーム型をした天井が!

頭上を泳ぐ魚たちを下から眺めるのもなかなか斬新。運がよければ巨大なマンタが通過するときもあるのだとか!

さらに進むとパノラマビューの水槽がデデ〜ん!

中にはカラフルな熱帯の魚たち。かわいい^ ^

付近には子供づれに嬉しいちょっとしたワークショップも♪

このときは魚に蛍光ペイントをするワークショップでした。

蛍光ペイントに真剣に取り組む子供たち。

我が家の子供は大好きなピンク色のお魚をつくってました。

これが終わるとクラゲとか、イソギンチャクとか。

海水浴だと遭遇したくない、ちょっと気持ち悪い系の生物たちもライトアップされると幻想的に感じられるので不思議なものです。

そしてシーアクアリウム最大の見どころ、世界最大級の水槽!突き当たりの折り返し地点オープン・オーシャン (Open Ocean Habit)エリアにあり。

水槽パネルのサイズは幅36m×高さ8.3mで、2013年に世界最大の水槽パネルとしてギネス登録されました。

日本最大の美ら海水族館の最大水槽パネルが幅22.5m×高さ8.2mであることを考えるとその凄さがわかります。

ギネスも納得!?

写真に納まりきらないほど巨大なパノラマビューの水槽をお楽しみください!

ここまでで、だいたい半分くらいきました。

レストランやお土産ショップもこの辺りに!

▼ギフトショップには定番のTシャツからシーアクアリウムならではのお土産も

アートなのか無造作に積み上げられているだけなのか!?…

よくわからないぬいぐるみの山 (ギフトショップにて)

イルカ水槽にいたキュートなイルカちゃん( ・∇・)

水槽パネルに近寄ってきてくれました!

あとはもはや定番とも言える熱帯の魚たち。

▼ディズニーのニモで一躍有名になったカクレクマノミ。英語でClownfishというのだそう。

心なしか日本の水族館で見るよりも元気に見えます。気のせいかも!?

熱帯ならではのカラフルな魚たち。とにかく展示されている魚の種類が豊富で飽きないようによく工夫されています。

そろそろ終わりが近づいてきました。

▼透明な通路の下にいた深海魚っぽい魚たち。カブトガニとかいろいろ。

あとは最初にも通った透明パネルのトンネルをくぐって出口へ!

ここまでの所要時間はランチも含めておおよそ3~4時間。

営業開始10:00くらいに入場したので、観光が終わる頃にはちょうどお昼過ぎになりました。

ここからはお隣にあるユニバーサル・スタジオ・シンガポールへGO☆

ショー・餌やりタイムも見どころ

シーアクアリウムではショーというか、いろいろなパフォーマンスもあり。

観光の見どころのひとつとなっています。

ショーの時間や場所などの情報をまとめておきますので、気になるのがありましたぜひ♪♪

サメのマスコット登場 (Say Cheese with Sam the Shark)

時間: 10:00, 17:00
場所: Shark Seas


マンタとの出会い (Meet the Mantas)

時間: 11:00
場所: Open Ocean Habitat


ダイバーによる餌やりタイム @ Coral Garden

時間: 12:00
場所: Coral Garden Habitat


イルカとおしゃべり (Dolphin Chit Chat)

時間: 13:00
場所: Dolphin Panel


ダイバーによる餌やりタイム @ Shipwreck

時間: 14:00 (木~日曜日)
場所: Shipwreck Habitat


センセーショナル・シャーク (Sensational Sharks)

時間: 15:00
場所: Shark Seas


ダイバーによる餌やりタイム (Dive Feeding @ Open Ocean)

時間: 16:00 (木~日曜日)
場所: Open Ocean Habitat

→ 最新の情報は公式サイト (英語)にて!

ランチ・ディナーに!シーアクアリウムのレストラン

シーアクアリウム内にはガチなレストラン1軒と軽食・カフェレストラン2軒あり。営業時間などをまとめると次のとおり。

レストラン名 ジャンル 営業時間
①オーシャンレストラン
Ocean Restaurant
ランチ
ディナー
ランチ 11:30~14:30
ディナー 18:00~22:00*金土日祝は2部制
ランチ11:30~/13:00~
ディナー18:00~/22:00~
②S.E.A side snacks
軽食
サンドイッチ
ホットドッグ
10:00~18:00
③Ocean Bites
軽食
マフィン
アメリカンドッグ
ケーキ
10:00~18:00

おすすめレストランは!?

シーアクアリウム内のおすすめレストランは「オーシャン・レストラン (Ocean Restaurant)」で決まり!!

▼水槽を前にしてのランチ・ディナーはまさに特別なひと時に!?

ホントにおすすめしたいところなのですが…

人気レストランで金土日祝は予約しないと席が確保できない可能性大。

平日ならサッと入れるかもしれないのですけど…予約するに越したことはありません。

日本から観光でお越しの方にはちょいハードル高め。

なので②S.E.A side snacksや、③Ocean Bitesのような軽食レストランで軽く済ませるほうが良いかもしれません。

ちなみに私たちはというと。

この日は昼すぎからユニバーサルスタジオ・シンガポールへ行く予定だったので、がっつり系ランチはやめておき②Ocean Bitesの軽食で済ませました。

▼Ocean Bitesにはマフィンやホットドッグなど、子供づれにも優しい軽食あり

オーシャン・レストランは観光とは別でランチに行ったので、またレビューしますね!!

お土産ショップ情報

シーアクアリウムのお土産ショップはちょうど折り返し地点くらいにあり。

定番のTシャツからぬいぐるみ、キーホルダーまでいろいろ。

一部を写真で紹介しておきます♪♪

▼サメのぬいぐるみ。ガチでこわいww

▼サメのTシャツ

▼カクレクマノミなどのキーホルダー。なぜか人魚も。

▼ヒトデやタツノオトシゴのぬいぐるみ。

シーアクアリウムのお得な割引チケット情報

シーアクアリウムのチケットが10%OFFに!!

観光当日でも割引チケットサイト【ボヤジン】でお得に購入できます。

日本語対応、所要時間は5分と簡単です!ぜひどうぞ♪♪

シーアクアリウムの基本情報

あとはシーアクアリウムの園内マップや営業時間、チケット料金などをまとめておきます。重複している部分もありますがご了承を。

園内マップ

→ 園内マップPDFはこちら

営業時間 10:00~19:00

営業時間は朝10:00~夕方19:00。年中無休 (不定期でメンテナンスあり)

チケット売り場でのチケット販売は営業開始30分前から。

なお不定期で営業時間が変更となります。

→ 最新の情報は公式サイト (英語)にて

チケット入場料

シーアクアリウムの正規チケット料金は以下のとおり。

  • 子供 (4歳~12歳):S$29 約2,320円
  • 大人 (13歳~59歳):S$40 約3,200円
  • シニア (60歳以上):S$29 約2,320円

※3歳以下は無料

なお上記は正規料金、チケット売場で買った場合の値段です。

日本の割引チケットサイトボヤジンだとお得な割引価格で購入できます!

住所・アクセス

■住所: S.E.A. Aquarium 8 Sentosa Gateway, Sentosa Island, Singapore 098269

▼アクセス・行き方は別記事にて詳しく書きました!

セントーサ島シーアクアリウム(水族館)への行き方

セントーサ島の観光に!お得な割引チケット情報

水族館だけでなくセントーサ島にはUSS (ユニバーサルスタジオ シンガポール)を始めとして数々の観光スポットがあります。

観光の際には割引チケットサイトでの事前購入がおすすめ☆

並ばずにスイスイ入場できるだけでなくお得な割引も適用されます♪

【人気No.1】USSの割引チケット


【人気No.2】アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークの割引チケット


【人気No.3】水族館の割引チケット


【人気No.4】スカイラインリュージュの割引チケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください