【子供づれに】マリーナベイサンズ・プールの事前情報をお届け♪

子供づれでマリーナベイサンズの屋上プールをご利用のあなたへ。

  • 年齢制限ってあるの?
  • プール用オムツはシンガポールで買える?どんなタイプがおすすめ?
  • そもそもプール用おむつは必要?
  • 浮き輪はプールにある?そもそも必要?

などなど。

子供づれでプールに入るときに必ずと言っても良いほど付いてまわる疑問を、すべて解消していきます (2019年現在の情報です)

せっかくですので準備を万全にして臨みましょう!!

年齢制限なし

マリーナベイサンズのプールだけでなく、シンガポールのプールに年齢制限はありません。0歳児から、どんなタイプのプールにも入場できます。

メインプールの一部に大人専用プールあり

ただし。

注意
メインプールの1/3くらいは大人専用プールになっています。ここだけは子供NGですのでご注意ください。

メインプールは3つのプールが並んでいるような感じになっていて、そのうちの1つだけは大人専用でした (2019年現在の情報)。

そしてサンズには子供用の浅いプールも同じフロアにあります。

日本では「オムツの取れてない子供はダメ!」とか「浮き輪必須!」とか何かといろいろ大変ですが、ここシンガポールはチャイルドフレンドリーな国ですのでご安心を。

ただ、プール用オムツだけはご持参くださいね (無しでも入れますけどマナーとしてお持ちください)。またプールで何が起きようと自己責任です。お子さんの安全確保は十分にお願いしますね!

浅い子供用プールあり

▼写真手前に見えるのが子供用プール

なおマリーナベイサンズの屋上プールには子供用プールもついています。

プールタイプをまとめると、

  • メインプール (一部のエリアを除いて子供OK。足がつかないため浮き輪必須)
  • 子供用プール x 1 (50cmくらいの深さ)
  • ジャグジー中 x 1~2 *細部は忘れてしまいました
  • ジャグジー小 x 2~

こんな感じ。

いつもインスタなどの写真でみるのはメインプールばかり。

実は子供用プールがあったり、メインプールの裏にはジャグジーもあったり。案外知らなかったという方も多いかと思います。

またジャグジーは温水になっていて、体の冷えやすい子供にも安心。

カップルだけでなく子供づれでも楽しめるように工夫されています。

プールから落ちる心配もない

ちなみに子供用プールは透明板で囲まれるような作りになっているので、どれだけ間違ってもプールから落ちる心配はありません。

(メインプールも落ちようとすると相当に大変ですけど。。。)

MEMO
なおシンガポールはチャイルドフレンドリーな国なので、子づれだからといって周囲に過度に気を使う必要はありませんよ♪

プール用おむつ必携!日本で買うのがオススメ

乳幼児でおむつがまだ取れていなければ、プール用オムツ必携です。

別に無くてもフツーに入れますけどマナーとして着用させてくださいね♪

プール用ではなく普通のオムツを使うとボタボタのグダグダになって見るも無残な姿になります。せっかくの写真も台無しになっちゃいますので、ぜひお持ちください。

現地調達できるかもしれないけど。。。

肝心のプール用おむつを買える場所ですが。。。

シンガポールの現地スーパーに行けば売っている店もあります。マリーナベイサンズの周辺でも買えるかもしれません。

が、とにかく高い。

プール用おむつの値段は日本の2倍くらいのイメージ。

そして高いうえに品揃えも悪く、さらに品質も悪いです。さらにさらにデザインも南国仕様の悪趣味なものが多いのですよね。

私は在住者なので仕方なくシンガポールで現地仕様のプール用おむつを購入しているのですけど、ダサいこと限りなし (種類が少なく選べない!!)。

したがって日本のネットショップで購入し、持参することをオススメします。

やはり日本で買うおむつは中国人が爆買いしていくほど、海外からみるとホントに安くて品質も素晴らしい!!

多少かさばるかもしれませんが絶対に「持ってきて良かったぁ」と思えること間違いなしのマスト・アイテムです。

浮き輪は首に巻くタイプ、腕につけるタイプのどちらかを!

浮き輪にまつわる注意点を

▼いわゆるこんなドーナツ型の浮き輪は禁止されています。他の宿泊客に邪魔だからという理由でしょうか?もちろんフラット型の浮き輪などもダメ。

子供づれだと浮き輪はあったほうが良いのですけど。。。

▼こんな風に腕につけるタイプの浮き輪や、あるいは首に巻くタイプのものがオススメです。コレであれば問題ありません。

子供用プールならどんな浮き輪でもOK

コレまでの話は大きいメインプールでの話。

子供用プールではどんなタイプの浮き輪をつかってもOKです。

▼写真手前が子供用のプール。浅いので浮き輪は必要ないかと思いますが、いちおうどんなタイプの浮き輪をつかってもOKです。

プールへの入り方・手順

手順1
57階プールフロアへ行く。持ち物は人数分のカードキーだけでOK
 
手順2
電車の改札のような入口ゲートで警備員にカードキーを渡す
ここでカードキーを持っていないと、宿泊者であろうと容赦なく弾かれます。カードキーは1人1枚ずついるのでご注意を。
手順3
カードキーを1人ずつタップして入場する
手順4
椅子を確保してタオルをしく
この手順は必須ではありません。プール自体の混雑はあまりないのですが、イスの数が足りてなくて確保するのが難しいのですよね。。。
手順5
プールへGO!!

ざっくりとはこんな手順でプールに入ります。

その他の質疑応答まとめ

あとは。

マリーナベイサンズのプールに子供づれで行く場合の、よくある質問についてもまとめておきますね (2019年現在の情報)。

営業時間は?朝6時~夜23時、雷雨中断あり

2019年現在、プールの営業時間は朝6時から夜11時。早朝から夜おそくまでやっています。なお公式サイトによると夜9時までの営業に短縮される場合もあるらしいですが、そんなシーンには出くわしたことがありません。

持ち物は?ルームキー人数分、プール用オムツ、浮き輪、日焼け止め

持ち物はホテルのルームキー人数分、オムツが取れていない子供はマナーとしてプール用おむつを着用させましょう。浮き輪(腕につけるタイプ)もあれば。

あと子供は日差しが強いときのために、帽子もあるとベターです。あとは大人の持ち物でカバーできますが日焼け止めも必須。

タオルは備え付けのものがありますし、タダ水もあります。サンダルはありません。部屋用スリッパか素足、あるいは持参したサンダルをお使いください。浮き輪など遊べるものも一切ありません。

雨の場合は?雷雨じゃなければ営業してます

マリーナベイサンズのプールはちょっとやそっとの雨でも、問題なく営業してます。でも流石に雷があると営業中断しますね。屋上プールはもちろん屋根なしで、雷が落ちたら大惨事になりますので。。。そこはホテル側の判断にゆだねられます。

チェックイン前 / アウト後の利用はOK?ダメです

プールに入場するには人数分のルームキーが必要なので、ルームキーを持ってない状態のチェックイン前や、チェックイン後はNGです。

タオルは?プール脇に大量にあります

タオルはプールサイドに大量に置いてあります。部屋から持っていく必要はありません。

ガウンは?プールにはありません

ガウンはお部屋のものをお持ちください。

サンダルは必要?素足で入場できます、問題ありません

素足であろうとサンダルであろうと入場できます。サンダルは必要に応じてお持ちください。

おすすめのシーズンは?乾季のほうが晴れる確率が高く、キレイです

シンガポールは気候が安定しているので、いつ行っても構いません。強いて言うなら夏季にあたる2月初旬~9月終わりまでがオススメ。

だからと言って雨季は避けたほうがいいのか?というと全くそんなことはありません。雨季でも1日中雨が降るようなことは珍しいため問題なし。あなたの運次第です。

シンガポールの年間気候・天気の特徴(気温や降水量など)

飲み物はありますか?ボトル水は無料、その他は別途

ボトル水はタダ。カクテルやジュースなどはプールで注文できます (別途料金)。

混雑しない時間帯は?混雑は大したことありません

みんなプール目当てでサンズに宿泊しているため結構混雑しているのかと思いきや、そこまで混雑していません。やっぱりビューの素晴らしいプールべりでは順番待ち覚悟。でもまぁ10分も泳いでいれば空きますよ。

ちなみに私たち家族は繁忙期であろう8月中旬と、閑散期と思われる10月にそれぞれ宿泊しましたがどちらも似たような混雑度でした。

オススメの時間帯は?朝6時〜8時くらい

マリーナベイサンズのプールは、いつ行ってもそんなにヒドイ混雑ではありません。強いて言うなら営業開始直後と終了間際は比較的空いてます。おすすめの時間帯は朝6:00~8:00か、夜22:00~23:00の2択ですね。

プールだけ利用する方法ってある?

マリーナベイサンズのプールは公式には「宿泊者だけのプール」です。

ルームキーを別の宿泊者に借りるという方法があるにはあります。そうすれば宿泊してなくてもプールに入れます (非推奨)。何を隠そう、わたしはやったことがあります (汗)。

マリーナベイサンズのプールだけ利用する唯一の方法

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください