シェアする

「マリーナベイサンズホテルが傾く」は本当かデマかを検証してみた

シェアする

スポンサーリンク

SMAPのCMから始まり何かと話題になるここシンガポールの、ホテルマリーナベイサンズ。

最近「ホテルマリーナベイサンズが傾く」という嘘なのか本当なのか分からないニュースを目にしたので、ホテルマリーナベイサンズが倒壊する危険性を検証してみました。

スポンサーリンク

「マリーナベイサンズが傾く」はデマなの!?

Marina_Bay_Sands_Hotels

弁護するつもりはないのですが「マリーナベイサンズが傾き始めている」というのは半分本当で半分デマ。

マリーナベイサンズは最初から傾いた設計です。

現時点での写真だけを見ると何も知らない人たちは「やべぇ!本当に傾いてきてるやんけ!」となる訳です。ところがこのマリーナベイサンズ、建築当初から傾いた設計になっていることで有名。

結局のところ、ここ最近傾いてきているのかどうかは誰もしっかり調査しているわけではないので「分からない」というのが本当の答え。

「あぁ、なんだ…マリーナベイサンズが傾くというのは嘘だったのか、安心安心。」

とここで終了できればよかったのですが続きがあります…

実はこのホテル、知らない間に傾いていても全然おかしくない設計となっているのです。

マリーナベイサンズはどれくらい傾いてるの!?

写真右側の建物が最高52度の傾斜だそうで、マリーナベイサンズはイタリアのピサの斜塔(傾斜角5.5度)より10倍近く傾いているというのです。目に見えて傾いているのですから、どれだけ無茶苦茶な作りをしているかが容易に想像できますね!?

誰がこんな無茶なホテルを設計・建築したの?

設計はカナダの建築家モシェ・シャフディ。建設は核となるホテル部分は韓国の双竜(サンヨン)建設が最終的に受注・完工しましたが、実は日本の建築会社(清水建設)や世界有数な建築会社も名乗りをあげていました。

でも、この完成図を見た瞬間「安全上の保証ができない」とした清水建設やその他の建築会社は入札拒否し、競争相手のいないままに韓国の双竜(サンヨン)建設が受注したという逸話があります。普通の常識を持つ会社が撤退するのは懸命な判断だと思います。

ただ、シンガポールは震度1の地震すらない国だし台風やハリケーンもないので「まぁ心配ないだろう」ということで結局、韓国の建築会社はリスクを取って(?)完成させました。(人命のかかっている仕事な訳ですから「リスクを取る」という表現は適切ではないのですが…)

工期前倒しでホテル完成

しかもこの困難に見えるホテルの建築をなんと工期前倒しで達成。当時の会長の話だと…以下のようなコメントがあったらしいです。

双竜建設会長のコメント(完成当時)

「既存の工法を利用するのではなく、双竜建設の独創的なアイデアで難しい工事を終わらせたため意味もより大きい。高品質の建築物を早期に建て発注元から数百億ウォンのインセンティブまでもらえることになった。」

出典;中央日報

「独創的なアイデアの工法=単なる手抜き工事」じゃないか?

私は一時期、韓国に月の半分くらいビジネスで足を運んでいたので建築物やインフラの手抜き度合いはよくわかっています。

韓国のちゃんとした(?)財閥会社の現代建設ですら、とんでもない手抜き工事を平気でやってしまうのですから、海外で手がける案件などは自国民に被害が無いという理由でもっと手抜きされている可能性があります。

IMG_0869

手抜き工事が横行する韓国建築会社の実態

日本で騒がれた旭化成ホームズの「横浜マンション問題」なんて可愛いものですよ。

前触れもなく橋が真ん中から崩落する!?

ソウル駅のプラットホームが波打っていたり、橋が真ん中から崩壊したり、現代デパートの天井が落ちてきたり…実はあまり知られていない、手抜き工事による色々な事故が韓国内では起こっているのです。←過去の手抜き工事事例はこちらをご参照ください

地震でこうなるなら分かりますよ!?でも地震のせいでもないのに突然デパートの天井が落ちてきたりするのですから、たまったものではありません。こんな事故があるので韓国では何も信じられなくなります。

付け加えますと、私が韓国に足を運んでいた1年の間にも「天井落ち事件1回」「道路陥没事件が複数回」「その他、小さい事件」がありました…自国の国民もそれに全く驚かないし、いったいこの国はどうなっているのだ?と感じた記憶があります。

韓国もシンガポール同様、地震がない国

ちなみに韓国もシンガポールと同じく震度1の地震すらなく、地盤は安定しています。ソウル駅の駅ホームが波打っているのは地盤沈下が原因だとかなんとか言われていますが、多少の地盤沈下でも耐えるように設計するのが建築会社というものでしょう。

そもそも手抜き工事だったので多少地盤沈下しただけで、ダメージを受けるのですよ。ありえないです…

マリーナベイサンズが倒壊しても不思議ではない

先ほどまでの過去の韓国建築会社の手抜き工事事例を見たら、韓国建築会社設計の「ホテルマリーナベイサンズ」は手抜き工事と言われても仕方がないです。

むしろ工期前倒しの突貫工事で作られた建築物が、ちゃんとしていると考える方がおかしいでしょう。

従って、マリーナベイサンズが倒壊しても何ら不思議ではないと思います。

まとめ

とにかく色々と設計に無理がありすぎる「ホテルマリーナベイサンズ」。プール部分なんて、心もとない柱、たった数本で支えられているし…とにかく心配しだしたらキリが無い状態。

hotel04

結局、この建築物が手抜きだったかどうかは歴史が証明してくれることだと思います。

マリーナベイサンズは2010年開業でしたから、おそらく建築物の老朽化が始まるのは2020年あたりですね。←シンガポールの建築物は日本と違って安っぽい作りなので、築10年以上経過するとあちこちに問題が発生し(特にエレベーター、換気、水周りのトラブル多し)、ボロボロになります。

ちなみにシンガポール住居の様々な問題についてはこちらの記事にしましたので、宜しければどうぞ。

シンガポール住居のよくあるトラブル集【シンガポール住居の特徴】
シンガポールの住居は家賃が高いくせに住居の作りはチープで、様々なトラブルが絶えないのが特徴。そこで周囲の日本人駐在員や現地就...

最後に結論です。

ホテルマリーナベイサンズは傾きながらも2020年過ぎる頃までは、何とか持ちこたえるのではないでしょうか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク