日本人から見ると不思議なシンガポールのマナー!?

シンガポールは罰金の国(Fine country)と言われているほど何でもかんでも高額な(日本円で十万円以上)罰金を課すことで有名です。法外な罰金を請求されてしまったらせっかくのシンガポール観光も台無しですよね!?

この記事では、ちょっと奇妙なシンガポールのマナー・罰金事情について解説しておきますね^ ^シンガポール観光の前には必ずチェックしておきましょう。
MRT内の罰金表示
*MRT(地下鉄)内の罰金表示
 
これは最も有名です。 確かにシンガポールではゴミがほとんど落ちていないですし、ポイ捨て・つば吐きをしている人を見たことがありません。男性の方は特に、つば吐きをやってしまいがちですが罰金対象ですので、気をつけましょう。
 

②決められた場所以外での喫煙禁止→最高罰金S$1,000

喫煙場所以外での喫煙も罰金対象です。 

友人のシンガポール人は天井がないところであれば所定の場所でなくても吸って構わないと言っています(笑)ですがみなさんは止めておきましょう。道路沿いにゴミ箱が50m毎ぐらいに設置されていて、その上に灰皿があります。

③公共交通機関での飲食→最高罰金S$1,000

ついつい忘れがちです。食べ歩き・飲み歩きを普通にしている流れでやってしまいそうになります。ドリアン以外、持ち込みはオッケーですがバスや地下鉄に乗ってからは止めましょう。

④蚊を発生させる行為の禁止→最高罰金 ??

なんじゃこりゃ?と思う方も多いでしょうが、本当にあります。
よく日本人同士の会話で何が蚊を発生させる行為なの?って盛り上がりますが、特に定義がある訳ではなく、警察が決めます。
 
シンガポールはジメジメしていて暑いのに、虫がほとんどいません。生物の気配が全くしないのです。これは別のトピックで書きますが、政府が殺虫剤を定期的に撒いているからですね。
 

⑤入国時にタバコ・ガムを持ち込み→最高罰金S$10,000

シンガポールって、実はガムを売っていません。これは昔、「電車内でのセンサーにガムくっつきによる遅延事件」によって禁止になったそうです。

⑥その他

他にもたくさんありますが、日本人の常識的な範囲で行動していれば、全く問題ありませんのでご心配なく。

⑦奇妙なマナー

公共交通機関はなだれ込み方式で乗るが、飲食店には列を作って並ぶ

エレベーターや公共交通機関には列を作っているような、いないような、良く分からない状態です。これは恐らく列を作っていないという解釈が正しいので、電車やバスが来たらどんどん乗りこんでください。

ところが飲食店は別、ちゃんと並んで順番を待ちます。

飲食店で並んでいると「Are you queuing? – 並んでるの?」と聞かれるので、イエスとだけ答えてあげましょう。割り込みなどなく、とてもマナーが良いのです。

どんな場所であろうと電話してオッケー

公共交通機関であろうが、会議中であろうが別に気にしません。
シンガポール人にとっては周囲への気遣いよりも、友人や大切なビジネスの電話を待たせることの方が問題なのです。

フードコート・ファーストフード店で後片付けしなくてオッケー

日本であれば、食器やトレーの片づけをしなければならないフードコート、ファーストフード店。ところがシンガポールでは店員が全てやるので、食べ終わった後も放置で大丈夫です。

まとめ

シンガポールは、マレー系や中国系、インド、インドネシア系など多民族で構成されている国なので、ルールを厳しくしないと統制がとれなくなるという理由から、罰則・罰金が厳しくなっているそうです。
 
シンガポール観光の前には、チェックしておくことをおすすめします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください