もう“世界三大がっかり”とは言わせない!マーライオンの現在

ここシンガポールの観光名所として知られる「マーライオン公園」。

でも不名誉なことに。。。

マーライオンは①コペンハーゲンの人魚姫像 (デンマーク)、②ブリュッセルの小便小僧 (ベルギー)と並んで“世界三大がっかり”として有名なのだとか。

たしかに、どれもただの銅像ですものね。

ガッカリする気持ちも分かります。

でもでも。

自称シンガポール・ラバーのわたしは声を大にして言いたい!

マーライオン公園は決してガッカリするような場所じゃない!

こんな心ないことを語られるマーライオンに挽回のチャンスを!!

ということでパワーアップした現在のマーライオンの見どころを、余すことなくお伝えしていきますね☆

“世界三大がっかり”と言われるマーライオン

マーライオンは「世界三大がっかり」として有名なのだとか。

マーライオンは公式に認められている像だけで5体ありますが、おそらくもっとも有名なマーライオン公園の元祖マーライオンのことを指すものと思われます (上の写真)。

ちなみに他の世界三大ガッカリは、

①コペンハーゲンの人魚姫像 (デンマーク)、②ブリュッセルの小便小僧 (ベルギー)、③シンガポールのマーライオン

マーライオン含め、どれもただの銅像なのでわざわざ見に行くほどじゃない、ということでしょうか。

昔のマーライオンは“がっかり”と言われても仕方なかった

で話は我らのマーライオンに戻って。

昔のマーライオンの写真を見ると確かにヒドイ。

もうガッカリするしかないような観光スポットだったのですよね。。。

ちょっとだけ昔のマーライオンの様子を紹介しますね。

マーライオン公園の暗黒時代 (昔)

▼じつは昔の元祖マーライオンはこんな感じで、今よりもうちょっと内陸のシンガポール河口付近にありました。そのあと色々あって移設されて今の場所になったのですよね。

こんな風に当時は周りを断崖絶壁で囲まれ、先端にマーライオンという配置。

▼これはもっともっと昔の写真。撮影日がハッキリしないのですけど、シンガポール川の河口付近がまだ港として機能していた頃ですね。

この元祖マーライオン、周りを崖に囲まれているので陸からは正面や横の写真が撮れないという致命傷がっ!!

正面からの写真を撮ろうとすると、こうやってボートから撮影するしかなかったのですよね。

陸から写真を撮っても「マーライオンの背中と私」にしかならないという、イケてなさ。

なので観光客がマーライオンと写真を撮れるようにと、ミニ・マーライオンが後ろに設置されたのだとか。

▼元祖の後ろには当時からミニ・マーライオンの姿も。

*画像出所:Our Stories

確かにこれらの写真を見ると、もうガッカリするしかないようなヒドイ状況。なんか残念な感じなのですよね。

口元も汚いですし。

今と違って付近にはインスタ映えしそうなモノもないですし。

そして致命的な欠点は。。。

陸から見るとマーライオンの背中しか拝めなかったという点。。。

海側に橋ができて正面から見えなくなった!

このあと1997年、マーライオンのさらに海側に新しい橋ができて正面から見えなくなってしまいます。

▼写真右に見えるのがエスプラネード橋(Esplanade Bridge)。橋の完成当時、まだ内陸のほうにあったマーライオンは隠れてしまった。

こんなこともあり、ただでさえ“世界三大がっかり”呼ばわりされていたマーライオンはさらにガッカリな観光名所に。。。

さらにポンプの故障で水を出さなくなった!

踏んだり蹴ったりとは正にこのこと。

1998年にはポンプが壊れて水を吐けなくなってしまったのだそう。水を吐かない元祖マーライオンなんてイヤだ!

こんなこともあり、ただでさえ“世界三大がっかり”呼ばわりされていたマーライオンはもっともっとガッカリな観光名所に。。。

移設されてパワーアップした現在のマーライオン

でもこれらはすべて昔話。

2002年に現在のマリーナベイを見渡せる場所に移設されました。

移設されて生まれ変わったマーライオンは見に行くだけの価値あり。

もうぜんぜんガッカリさせません!!

Before vs. After

まずは移設前と移設後のビフォーアフターを確認します。

▼ビフォー:移設前の元祖マーライオン

↓↓ これに

▼アフター:2002年に移設された後の元祖マーライオン

う〜〜ん、これだけだとパッと分からないですね。

じっさいに外観というかデザインは元のマーライオンを移設しただけなので変更なし。高さも当時の8.6mのままです。

ということで。

もうちょっと現在のマーライオン公園の状況や見どころをお伝えしますね。

現在のマーライオン公園の見どころ

①ピカピカになり水の出力パワーアップ

蓄積された汚れをキレイにし、さらにポンプが故障しても大丈夫なように2個のポンプで水を吐き出す設計にパワーアップされました。

これにより1個のポンプが故障してもなお水を吐き出せる仕組みに!!

これでもう水を出さなくなることは決してありません (多分…)

▼汚れていたのがピカピカになり、水の勢いもパワーアップ!!

②桟橋からインスタ映え写真もバッチリ、公園の面積は4倍に

また正面から見るための桟橋も整備され、さらにマーライオン公園の面積は元の4倍の広さとなったのだとか。

▼桟橋が整備されていい感じの角度からインスタ映え写真もばっちり☆

移設前のマーライオンは断崖絶壁に囲まれていて桟橋もなかったので、こんな写真は決して撮れず。ぜんぜん違いますね。

▼こうすればマーライオンから水を飲むヒトの完成☆

▼さらにマーライオンの真横に立てば水を吹き出すヒトの完成!?

これらの写真はすべてアップグレードされたマーライオン公園があってこそ!!

移設を決めたシンガポール政府観光局には感謝、感謝です☆

③引き立て役のミニ・マーライオンも移設♪

つい忘れてしまいがちなのがコレ!!

マーライオン公園には元祖のほかにもう1体、あわせて2体のマーライオンがいます。元祖がお母さんならミニは子供ですね♪

▼ミニ・マーライオンも移設前は口元が茶色に汚れていたそうですが、今はその面影もなくピカピカに!

母マーライオンは海のほうを眺め、ミニはシンガポール本島を見守るかのように立っています。お互いに背を向けあってます。

※ちなみに父マーライオン (セントーサ島マーライオン)は解体予定。

【悲報】セントーサ島マーライオン解体!最終営業日は10月20日、跡地はどうなる!?

④コラボが最高に映える!マリーナベイサンズとマーライオン

マーライオン公園が人気観光スポットになる理由のひとつがコレ。

2010年にあのプールが屋上に乗ったマリーナベイサンズが開業したことで、その魅力はさらにアップ!

観光スポットとして確固たる地位を築くことに成功しました。

▼コレまでなんか物足りなかった海側の風景もマリーナベイサンズが2010年に開業してサイコーに!正面にあるマリーナベイサンズとマーライオンとのコラボは見るものを魅了します☆

ちなみに夜はマリーナベイサンズのレーザーショーを真正面から見られる抜群のロケーションに。

▼毎夜楽しめる光と水のレーザーショーとマーライオンとのコラボは必見、本当におすすめです!

ちなみにサンズのレーザーショーの時間は日~木 20:00 / 21:00の2回、金土は20:00 / 21:00 / 22:00の3回あり。約15分間ほど光と水のショーが開催されます。

これを見てもまだガッカリと言えるでしょうか!?

⑤もちろん夜景も楽しめる

マーライオンたちは夜になるとライトアップされて幻想的に。

さらにマリーナベイサンズのレーザーショーも毎晩あり、時間をあわせれば1度で2度おいしい!!コレ目当てで観光にくる人々もホントに多いですね。

▼夜は常時ライトアップされ夜景もゴージャスに☆

⑥ライトアップだけじゃない!プロジェクション・マッピングも

もう生まれかわったマーライオン公園の魅力・見どころは十分にお伝えできたことと思いますが。。。まだまだ終わりません。

夜はライトアップだけじゃなく、ときにはマーライオンがプロジェクション・マッピングで彩られたりします。

週末になるとマーライオン周辺で盛り上げるイベント的なこともよく開催されています。

▼プロジェクション・マッピングに彩られることも (たまに期間限定で開催されます)

ウットリするくらいホントに幻想的ですよね。

「世界三大ガッカリ」と言われていた時代がウソのよう。暗黒歴史を見事に塗りかえました。

⑦リバークルーズやダックツアーでは海からの景色も

さらに海からは有名なホテル「ザ・フラートン」と金融街をバックに「これぞシンガポール!」といったバブリーな景色も楽しめます。

▼これはリバー クルーズのときに撮った写真。夜はバックの金融街がネオンに彩られて夜景バツグンです。

【おまけ】マーライオン型のアイスクリームが!?

これは見どころではないのですけど面白かったので載せておきます。

なんとここシンガポールにマーライオン型のアイスクリームが上陸!?

はい、あまり知られてませんけどマーライオン・アイスクリーム、あります。

購入できる場所はマーライオン公園のミニ・マーライオン付近にあるアイスクリームショップ (カフェ?)。

▼マーライオン型のアイスクリームを買えるカフェ

でも、お値段はS$8.9 約710円となかなか強気。

▼アイスクリームメニュー

サイズの割に高いと思ったけど1回きりなので奮発して買っちゃいました (汗)。

▼シンガポールらしからぬディテールの細かい本格的なマーライオンアイス。味もクッキー&クリームで割と美味しかったです♪

ちなみに。

この写真を撮るためにアイスクリームを購入してすぐ、マーライオンの方までガチダッシュ!!

マーライオンアイス片手に (多分)すごい形相で走りました。。。

シンガポールの常夏の気候ではアイスもすぐ溶けてしまうので、奇跡の一枚といって良いかも (自画自賛)。

写真を撮ったあと、すでにドロドロになってしまったアイスを頂きましたww

コレもまた良い思い出に!

ぜひあなたもチャレンジしてみてください!

まとめ

そんなこんなで。

現在のマーライオン公園は、日中も夜景も楽しめる素晴らしい観光スポットになりました。

週末は何かしらのイベントも頻繁に行われていて、いつ行ってもその時々で楽しいのですよね。

飽きのこない工夫とシンガポール政府観光局のヤル気が見られます。ホントに素晴らしい☆

事情を知らない方には今だに「マーライオンって世界三大がっかりなんでしょ!?」って言われることもありますけどwww

現在のマーライオン公園の素晴らしさを考えると、わたしは全然そう思わないのですよね。

もっとガッカリする観光スポットはいくらでもあると思いますし。

観光にぜひ!

おすすめ記事

▼有名どころのマーライオン像の場所・行き方はこちら
【最新版】マーライオン像7体の場所・行き方

▼マリーナベイサンズが傾く!?
「マリーナベイサンズホテルが傾く」は本当かデマかを検証してみた

▼鉄板のお土産ネタ
【2019年】シンガポールの人気お土産おすすめ30選!

▼シンガポールは安心安全の国!
世界安全な都市ランキングでシンガポールが2位に!トップは日本人なら誰もが知るあの都市!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください