チャンギ空港 → セントーサ島|電車(MRT)での行き方

チャンギ国際空港から電車(MRT)でのセントーサ島への行き方・料金など総まとめ。

チャンギ空港 → セントーサ島への移動は安くて便利な電車(MRT)の利用がオススメです♪

それでは進めていきますね。

基本情報

まずはMRTチャンギ空港駅の基本情報をザックリ整理しておきますね。

チャンギ空港の地下鉄駅はターミナル2か3が最寄

チャンギ空港の地下鉄(MRT)の駅はすべてのターミナルにある訳ではなく。

停車駅は1つ「チャンギ空港駅(Changi Airport CG2 )」のみ。

ターミナル2 (Terminal 2)、ターミナル3 (Terminal 3)が最寄となっています。

ターミナル2には東口(East Exit)、ターミナル3には西口(West Exit)があります。最終的にどちらもおなじホームにたどり着きます。

なのでターミナル1や4から出たらターミナル間移動が必要。

ターミナル1や4からの移動
  • ターミナル1 → 2:徒歩かスカイトレイン(ターミナル間移動用のモノレール)で移動する。所要時間10分ほど。スカイトレインはゲートを出たあとのパブリックエリアからも乗れます。
  • ターミナル4 → 2:無料シャトルバスを利用する。「T4の1F到着フロア (Level 1, opposite Raffles Medical clinic)」に行きシャトルバスに乗ると「T2到着フロア・ドア1 (T2 Arrival Hall Door 1)」に行けます。

こんな感じで移動します。

▼ターミナル間移動の方法について
チャンギ空港のターミナル間移動はスカイトレイン(無料)が便利!

飛行機を降りてMRTチャンギ空港駅へ行く手順

チャンギ空港はホントにすばらしい空港なので迷う方は少ないと思いますが。

基本情報として飛行機を降りてからMRTチャンギ空港駅へ行く手順もおさらいしておきますね。

STEP.1
飛行機を降りたら入国審査ゲート(Immigration) へ向かう
Immigration入国審査→ 」みたいな案内板がいたるところにあるので簡単ですよ。
STEP.2
入国審査ゲート(Immigration)でパスポートをみせる
ここで指紋をとられます。
STEP.3
通過したら荷物をピックアップ
入国審査ゲートの直後に荷物ベルトがあります。ちなみにお酒などを売っているちょっとした免税店もあります。ここがアルコール類を安く(免税で)購入できる最後のチャンス。
STEP.4
荷物を取ったら出口 (EXIT)へ
ここで税関の抜き打ち荷物検査をしています(タバコは1本から課税対象です。とくにご注意を)。止められたら係員の指示に従ってください。
STEP.5
出たらチャンギ空港駅(Changi Airport Station)を探す
ターミナル(Terminal) 2か3が最寄です。ターミナル2だと出口をでて右手にあります。

もしターミナル1や4に降りたら?

チャンギ空港駅の最寄はターミナル2か3です。なのでターミナル2か3どちらかへ移動する必要アリ。

▼ターミナル間移動の方法について
チャンギ空港のターミナル間移動はスカイトレイン(無料)が便利!

電車 (MRT)での行き方

ここからはMRTチャンギ空港駅 (Changi Airport)へたどりついた後からの、セントーサ島への行き方を解説していきますね。

まず交通系カード(EZ-Link)をつくると楽!

地下鉄のチャンギ空港駅についたらまず切符を買わなければいけません。

でもちょっと待った!

日本でいうSuicaのような交通系カードがシンガポールにもあります。

その名も「EZ-Link Card (イーズィー リンク カード)」。

EZは英語のEasy (イーズィー、’簡単な’の意味)からくるものと思われます。

チャンギ空港駅についたら、とにかくまずEZ-Link Cardを作ることから始めましょう。

▼カードをつくる手順は次のとおり。毎回切符を買うよりも簡単でかつお得です。

手順1
地下鉄の駅についたら窓口「Ticket Office」を探す
どのMRT駅にも改札付近に「Ticket Office」という窓口が付いているのですぐにわかります。▼写真左がTicket Office。*なお右側に見える自動券売機ではEZ-Linkカードは買えません。ご注意を!

手順2
窓口の人に「EZ-Link card, Please!」と言う
なお発音は「イー・ズィー・リンクカード」ですのでご注意を!!「イー・ゼット~」ではありません。値段は大人S$12 約960円(S$7チャージ+S$5手数料)
手順3
EZ-Linkカードをゲットしたら改札でピッとタップするだけ!
購入時点でS$7がチャージされているので最初にチャージする必要なし。また日本と違って地下鉄料金はかなり安く、これだけでも1~2日の観光には十分な金額です。

【地下鉄MRT】乗り方・切符の買い方などを徹底解説!

このカードをつくっておくと電車(MRT)や公共バスの料金が場合によっては半額以下になります。

シンガポール内の電車・公共バスの移動にすべてつかえるのでホントに便利♪

ちょっと面倒でもぜひ!!

行き方・乗り換え手順

無事にEZ-Linkカードをゲットできたら改札でタップし入りましょう。このあたりは日本の電車とおなじなので簡単です。

その後は次の手順に沿って行きましょう。

STEP.1
チャンギ空港駅(Changi Airport CG2 )の改札をとおったら駅ホームへいき両側の電車のどちらかに乗る
ホームには2路線ありますが、乗り換え地点のタナメラ駅 (Tanah Merah  EW4 )には両方とも停まります。なので早くでるほうに乗ればOK!どちらに乗っても行けます。
STEP.2
2駅後のタナメラ駅 (Tanah Merah EW4 )で乗り換え
乗り換えは降りて対面の電車に乗るだけ。「ジュークーン (Joo Koon)行き」か「テュアス・リンク (Tuas Link)行き」であれば正しい方向です。
STEP.3
12駅後のオートラムパーク駅(Outram Park EW16 )で乗り換え。紫のノース・イーストライン (North East Line NE3 )に乗り換え
紫のノース・イーストライン (North East Line)に乗り換え「ハーバーフロント (Harbour Front)行き」の電車に乗ります。
STEP.4
次のハーバーフロント駅 (HarbourFront NE1 )で電車を降りる
ここでMRTは終わりです。電車を降りて改札を出ちゃいましょう。
STEP.5
駅直結のビボシティ(VivoCity)へ
つづいてMRTハーバーフロント駅に直結しているショッピングモール・ビボシティへ行きます。
STEP.6
3階のチケット売り場へ!
セントーサ島へ出ているモノレール (セントーサエクスプレス)のチケット売り場&乗り場はビボシティ(VivoCity)3階にあります。ここでチケットを購入できます。
STEP.7
セントーサ島へのモノレール駅は目的地におうじて3つ!
降り場は次項をご参考にどうぞ。

【観光スポット別】最寄のモノレール乗り場

▼モノレール (セントーサ エクスプレス)のマップ

ほとんどの方がリゾーツワールド駅で降りるかと思いますが、念のためモノレール乗り場情報もまとめておきますね。

  1. リゾーツワールド駅(SE2 Resorts World)
    ユニバーサルスタジオ・シンガポールの目前に降りる。リゾートワールド・セントーサ、カジノ、水族館、巨大プールなどの最寄りもココ。
  2. インビア駅 (SE3 Imbiah):巨大マーライオンの最寄り
  3. ビーチ駅 (SE4 Beach):シンガポール最南端のビーチ

料金と所要時間

  • 料金:普通S$6.6 / EZ-LinkカードS$5.89
  • 所要時間:約1時間15分
  • 乗換え:3回

*通常の料金にセントーサエクスプレスのS$4を加算しています。

チャンギ空港駅からの始発・終電

あとは深夜早朝便をご利用の皆さまへ。

2019年現在のチャンギ空港からの始発・終電情報をまとめておきます。

 CG2  チャンギ空港駅 (Changi Airport)
↓ 行き先 始発 終電
平日・土 日祝日 毎日
 EW4/CG タナメラ
(Tanah Merah)
05:31 05:59 00:06
 EW33 テュアスリン
(Tuas Link)接続
23:18
注意
市内へ行く方は終電23:18を逃すと翌朝の始発に乗るかタクシーで行くしかありません。ご注意を!

モノレールのお得な割引チケット情報

モノレール (Sentosa Express)のチケットを買う際。

ビボシティ (VivoCity)のチケット売り場は激混みなので割引チケットサイトVoyagin (日本語)で事前購入がおすすめ!

Voyagin」は言わずと知れた楽天が運営するチケット会社。

事前にチケット購入できるのはもちろん、当日購入でもOK!

チケット売り場で乗車チケットを買おうとすると、チケットブースは長蛇の列・・・!!!

▼チケットを求めて混雑している様子

しかもサイトも全て日本語になるのでかなりハードルは下がりますね。

チケット購入後200日以内ならいつでも利用可能。スマホでQRコードをチケット発行機にかざすだけと簡単です。

他にもあるセントーサ島への行き方

▼セントーサ島へのケーブルカーからの眺め。

なおここではあくまでも電車(MRT) → モノレール(Sentosa Express)をつかった行き方をご紹介しました。

あとは

  • 眺望サイコーなケーブルカー
  • タクシーやバス
  • 実は徒歩でも

といった行き方もあります。

いずれもハーバーフロント駅 (HarbourFront NE1 )にまず行ったほうが良く、その後に何をつかってセントーサ島へ行くか?というので分かれますね。

もしご興味ありましたら次の記事もご参考にどうぞ。

【割引情報あり】セントーサ島への6つの行き方

セントーサ島の観光に!お得な割引チケット情報

セントーサ島はUSS (ユニバーサルスタジオ シンガポール)を始めとして数々の観光スポットがあります。

観光の際には割引チケットサイトでの事前購入がおすすめ☆

並ばずにスイスイ入場できるだけでなくお得な割引も適用されます♪

▼ご興味ありましたらどうぞ。

【人気No.1】USSの割引チケット


【人気No.2】アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークの割引チケット


【人気No.3】水族館の割引チケット


【人気No.4】スカイラインリュージュの割引チケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください